らーちゃんのHappy Diary

ロングコートチワワ ラスクシュガーのちっちゃなあしあと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年ママの実家~子どもたちとらすく~

ママの実家へ行ってきました。
今回で3回目。

1回目、たしか1歳の頃は緊張のあまりトイレもできず、やむなく日帰り。
2回目、3歳半の時はまぁまぁでしたが、やはり緊張でなかなかトイレができず、ごはんも食べてくれませんでした。
その日の記事。なんとなく自信のない表情です2011年ママの実家

その後、らすくは様々な経験を通してメンタルがとても大きくなりました。
だから今回の1泊はきっと大丈夫、楽しむことができると思っていました

予想どおり、余裕たっぷり
2014031501.jpg

ごはん完食。
トイレも、「じーっと見ないで静かにしてあげてね」に協力してくれた甥っ子たちのおかげもあり
部屋の隅にセットした所定の場所で自然にできました。
翌朝、甥っ子達の声に目覚めてふすまをカリカリ→家族の輪に自分から混ざってました。

上の子は犬が怖くて近づけないタイプ、下の子は無邪気に遊びたいタイプ。
一緒に過ごすうちに、二人とも、
「舐めてほしいな~」「あったかいんだね」「毛がふわふわなんだね」「心臓はあるの?」

そう、ほら、小さい心臓があるの、ちゃんとドックンドックンって言ってるでしょう。
同じように血が流れてるんだよ。身体の形が違うだけで、みんな同じなんだよ。
ごはんを食べて胃で消化して、ウンチが出るの。みんな同じなんだよ。
あったかいでしょう。生きてるんだよ。小さいんだよ、優しくしてあげてね。

元々優しい二人は、らすくが楽しく過ごせるようにいろいろな工夫をしてくれました。

2014031502.jpg

「撫でてもいい?」

一人ずつね。こうやって優しく、最初は手の甲をそーっと当てるだけ。
らすくがいいよって言ったら撫でてあげてね。

「わぁ、ほんとだ、嫌がらないね」

「抱っこしたいな」

らすくがいいよっって言ったらね。

「どうして僕の膝には乗ってくれないの?」「どうしたら乗ってくれるの?」

乗って~って思わないで、らすくの好きにしていいよ、って思っててごらん。
無理やり抱っこしようとすると、らすくにはわかっちゃうんだよ。

(小さな静かな声で)
「見て、自分から乗ってくれたよ!」
2014031503.jpg

犬が怖かった上の子、
たくさんのカーミングシグナルを覚え、犬の行動を理解し、らすくの気持ちになって接してくれました。

無邪気に遊びたかった下の子、
犬の気持ちになって接することで、もっともっと仲良くなれることをわかってくれました。

優しいこの子たちと一緒に過ごせたことに感謝。
そしてこの子たちには、今の優しい気持ちをずっと持ち続けてほしいと思った2日間でした。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ラスクシュガー

甘えっ子でマイペース。いつも一生懸命な女の子
うちに来た日: 2008年8月25日。
体重1.1kgでした→ごはん大好きただいま 3.0kg

好きなたべもの: 茹でたおさかな、馬刺し、お芋、ヨーグルト
好きなもの: だっこ、ドライブ、ホームセンター、芝生でかけっこ、ワンちゃんとパイナップルのぬいぐるみ
得意なこと: クリッカー遊び。「マット♡」「ワンちゃん持ってきて♪」「Come!」は18番?
呼び名: らすく、らーちゃん

いくつになったの

プロフィール

らすくママ

Author:らすくママ

ラスクのママ、Biscottoです。
毎日が幸せの積み重ねであることを願いつつ、らすくと私達の小さな足跡を綴っています。
プレイズタッチ、ごはんのこと、フィトセラピーなど心と身体に優しいホリスティックでナチュラルな日常です。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。