らーちゃんのHappy Diary

ロングコートチワワ ラスクシュガーのちっちゃなあしあと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同伴避難

この度の豪雨で被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


被災された皆さまのお気持ちを思うと、2011年の東日本大震災とその年9月の豪雨を思い出さずにはいられず、
自分のことのように胸が痛みます。

このブログを始めたのは2011年の10月。

家族と共に日々を暮らせる有難さを書き留めておきたいと思い、
避難していた一戸建てのアパートにて、見よう見まねで書き始めました。


3月の東日本大震災で、私達が住む町は震度6強の大きな揺れが観測されました。

我が家は地盤が大きく傾き、水道管が断裂し、プロパンガスのボンベが設置できない状況。
余震のたびに家が傾いていくような恐怖を感じずにはいられませんでした。

避難した方がよい。
とにかく、らすくを連れていけるところ。
パパが無理なく通勤できるところ。職場復旧のために出勤していましたから。

私達は運良く、前日空いたばかりの、清掃が終わっていない状態でしたが、
民間の動物入居可のアパートを紹介していただき、入居できることになりました。


私達は同伴できたから、良いのです。

でもこの町に設置された避難所は動物同伴不可でした。

みなさん、どんなに辛い気持ちだろう。
仮設住宅への同伴可能の署名を集めれば、皆さんの勇気になるかもしれない。。。

一人で避難所を廻り署名を集めました。


避難所の、ある職員の方が仰っていました。

「そういう活動でしたら、ぜひお願いします。
私達も上の指示に従わざるを得ないのです。日本はまだまだです。ヨーロッパの国々のようには。。。
この避難所は動物不可ですが、外でしたら(ダメとは書いていないので)繋いでおられる方もいらっしゃいます」

ワンちゃんを外に繋いでおられる方、車の中に置いておられる方、連れて来ることができなかったと涙を流される方。
職員の方。

みんなそれぞれ事情がある。

私は誰のことも責められなかったし、とにかく今できることをしたいと思いました。



私達が避難していたアパートの近く。

あんなに惨く悲しいことがあったあの年も桜は力強く満開でした。

この桜並木にどれだけ勇気づけられたことか。

2011042401.jpg


この花弁一枚に満たなくてもいい、私達よりももっと辛い思いをしている人の、ほんの少しの勇気になれないだろうか。

そんな思いだけで、一匹オオカミで、集めた署名の進捗や他の愛護団体による住宅情報を貼紙して廻っていました。



そのアパートも、この年の9月の豪雨で床下浸水に見舞われました。
膝上まで上がった水の中、らすくをバッグに入れて、また避難。



だけど、どんな恐怖も不安も、私達はいつも家族と一緒に乗り越えることができました。

そして11月には我が家に戻ることもできました。

2015091201.jpg


同伴避難が当たり前な日本になってほしい。

心からそう願います。

何よりも、被災地が一日も早く復旧、復興されることを心から願います。

にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ラスクシュガー

甘えっ子でマイペース。いつも一生懸命な女の子
うちに来た日: 2008年8月25日。
体重1.1kgでした→ごはん大好きただいま 3.0kg

好きなたべもの: 茹でたおさかな、馬刺し、お芋、ヨーグルト
好きなもの: だっこ、ドライブ、ホームセンター、芝生でかけっこ、ワンちゃんとパイナップルのぬいぐるみ
得意なこと: クリッカー遊び。「マット♡」「ワンちゃん持ってきて♪」「Come!」は18番?
呼び名: らすく、らーちゃん

いくつになったの

プロフィール

らすくママ

Author:らすくママ

ラスクのママ、Biscottoです。
毎日が幸せの積み重ねであることを願いつつ、らすくと私達の小さな足跡を綴っています。
プレイズタッチ、ごはんのこと、フィトセラピーなど心と身体に優しいホリスティックでナチュラルな日常です。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。